カーリング女子もDeNAルーキー東も「もぐもぐタイム」 | おいどんの似顔絵マンガプロ野球ニュース  FCブログ
FC2ブログ
プロフィール

加治佐おいどん

Author:加治佐おいどん
加治佐おいどんです。鹿児島出身のマンガ家です。プロ野球を中心にスポーツとニュースな話題を題材にした似顔絵マンガをシェアしています。よろしくお願いしま~~す。 My name is Oidon Kajisa.I am a Japanese cartoonist. I share photos with portrait comics. Please follow me.

ランキングに参加しています
スポンサードリンク
>
アクセスカウンター
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも一覧

カーリング女子もDeNAルーキー東も「もぐもぐタイム」

2018/12/06 09:46:10 | プロ野球 | コメント:0件

こんにちは おいどんです。
 今年の「新語・流行語大賞」年間大賞が「そだね-」に決まりましたね。平昌(ピョンチャン)五輪でカーリング女子銅メダルに輝いて大人気になったロコ・ソラーレの代表・本橋麻里が表彰式の席で「やっぱりそっちか」と、にっこり。
 同じチームの「もぐもぐタイム」もノミネートされていたんですからこのコメントが出たのでしょう。
 日刊スポーツによると、新聞の中でいち早く「もぐもぐタイム」という言葉を使ったのは同社だったとか。1試合が3時間もかかる長丁場なので、当然食物の補給が必要になり、試合の合間に「もぐもぐ」となるわけですね。大賞を逸して一番悔しい思いをしているのは日刊スポーツだったりして?

「そだねー」は、主にサード吉田知那美(27)が選手との問答で使っていた言葉でした。それにしても同じチームから2つも流行語大賞候補が出るなんて、2月の冬季五輪は、はるか昔のことのように思えていた矢先、またまた鮮明に甦ってきましたゾ。
18-12-0東ブログ

【12月5日】DeNAの東克樹投手の契約更改後の記者会見場の設定には笑いました。なんと壇上にバナナが山積みになっているんですからね。先発した東が試合途中に「もくもぐタイム」をもうけ、ベンチでバナナをかじっている映像が流され、こちらも話題になりました。
 東は年俸1500万円から3倍以上の5550万円で更改。
 ルーキーながら、11勝5敗、防御率2・45と、先発の柱として活躍。奪三振率9・06はリーグトップ。文句なしの新人王獲得でした。
「納得いく評価をしていただいたので気持ちよくサインさせていただきました。来季は2年連続2桁勝利と規定投球回数を目指したい」と笑顔でコメント。来季も三振もぐもぐ、勝ち星もぐもぐ、となるようにがんばってよ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する