FC2ブログ

【無料ソフトで簡単にクロマキー(背景を透過する)作成方法】

2019年07月13日
無料ソフトOpenToonzでパラパラ漫画を作ろう 0


無料ソフトで、
「バックがグリーンの動画を撮影して、バックだけをくりぬいて別の動画に重ね合わせるクロマキーの方法」を紹介します。

使うソフトは無料の「SHOTCUT」です。

ダウンロードはこちらからhttps://www.shotcut.org/download/

「SHOTCUT」を起動すると中央に「映像モード」右に「作業リスト」下に「タイムライン」が表示されます。

●まずくりぬく動画の撮影です。グリーンの背景で撮影するのが一般的ですが、私の場合だとうまく切りぬけなかったので、ブルーの背景にしたらうまくいきました。

 【動画のファイルを開く】
●まず切りぬく動画①と、背景になる動画②を用意します。
●「SHOTCUT」のメニュー「ファイルを開く」から動画①を開きます。すると「映像モード」に動画が表示されます。動画をストップしておきます。


●「作業リスト」の下にある「プレイリスト」ボタンをクリックします。

スクリーンショット (95)


●映像①の画面をドラッグして「プレイリスト」の画面にドロップします。

スクリーンショット (96)


●同様に動画②のファイルを開いて、「プレイリスト」にドロップします。

スクリーンショット (98)


【タイムラインの設定】
●まず2つの動画が入るタイムラインの「トラック」を2つ作成します。

●「タイムライン」下の「三」をクリックして開き「トラックを挿入」をクリックします。トラックが作成出来たら、もう一度「トラックを挿入」をクリックして、2つのトラックを作成します。

スクリーンショット (99)


スクリーンショット (100)


スクリーンショット (101)


●トラック幅が広くてトラックが正しく表示されていません。「三」をクリックして開き「トラックを狭くする」をクリックします。

スクリーンショット (102)


●必ず上のトラックをアクティブにしてから作業してください(アクティブになると赤枠が表示されます)。「プレイリスト」の中の動画①を上のトラックへドロップします。

スクリーンショット (103)


スクリーンショット (104)


●タイムライン右上の「+」と「-」で表示範囲を調節したり、動画ファイルをドラッグして移動するなどして動画の位置を開始位置に合わせてください。

スクリーンショット (105)


●次に下のトラックをアクティブにして動画②を呼び込み、同じ操作で位置合わせをします。

スクリーンショット (107)


【さークロマキーをやってみよう】

●切りぬきをする上のトラックをアクティブにします。

スクリーンショット (108)


●「タイムラインバー」を2つの動画が重なっているところに移動します。

スクリーンショット (110)


●「作業ツール」の「プレイツール」ボタン横の「フィルタ」をクリックします。左上に表示された「+ボタン」をクリックします。

スクリーンショット (111)


●上の「映像」をクリックして「メニュー」を開きます。

スクリーンショット (114)


●「クロマキーシンプル」を選択します

スクリーンショット (115)


●「キーカラー」がグリーンになっていますね。隣の「スポイトツール」をクリックすると「+」のカーソルが表示されます。

スクリーンショット (116)


●「+」カーソルで右の動画のブルーの部分をクリックします。

スクリーンショット (117)


●あら不思議、ブルーが切りぬかれて下の動画が現れました。

スクリーンショット (118)


●「距離」のカーソルを動かしてクロマキーの精度を調整すればできあがりです。

スクリーンショット (119)

【保存】
「書き出し」→「ファイルの書き出し」をクリックして保存してください。
スクリーンショット (120)


左側の「ジョブ」の中に「保存の進行状況が%で表示されます。%表示が消えるまでお待ちください。

スクリーンショット121

●これで終了です。意外と簡単ですよ。

気に入ったらシェア!

ちょっと動くアニメ案内人
この記事を書いた人: ちょっと動くアニメ案内人
加治佐おいどんです。鹿児島出身のマンガ家です。かごしま散歩イラスト&パラパラ漫画メイキングをカキコしています。よろしくお願いしま~~す。 My name is Oidon Kajisa.I am a Japanese cartoonist. I share photos with portrait comics. Please follow me.

コメント0件

コメントはまだありません