FC2ブログ

SEO対策の第一歩 初心者はまずこれを実践してみよう

2019年08月27日
未分類 0
アフリエイトって儲かるって言っているブログは山ほどあるけど、ちっとももうからないじゃないか!

ブログを立ち上げても、思うようにユーザーが来てくれなくて悩んでいませんか。実は私もそのひとりです。しかし一人で手をこまねいていてもなんの解決にもなりませんね。

 そこで、WEBサイトの「SEO対策」のブログを片っ端から読んでみることにしました。すると書いてあることはどれも似たり寄ったりです。ただ、言うは易し行うは難しで、実際やってみて本当に結果がでるかどうかが問題です。

どの解説にも「SEO対策Google検索エンジンで上位に掲載される」ことを一番の重要テーマに掲げています。日本では実質的な検索シェアの9割以上をGoogle検索エンジンが占めているので、「Googleにいかに掲載されるようにするか」がブログ訪問者の増加に直結するというわけです。

SEO対策」を成功させるためにはGoogle検索のトップページに掲載されるぐらいの人気ブログにする必要があるんですね。


 ではどうやれば、Google検索のトップページに掲載させることができるのでしょうか?

スクリーンショット (549)

Googleのランキング計算方法について

 googleは独自の計算手順(アルゴリズム)によってランキングをを決定しています。200以上あると言われる様々な指標となる評価項目を元に、ユーザーに価値があり信頼できるサイトであるかを決定するわけです。人間がいちいちやるわではなく、あくまでコンピューターがやる機械的なロボット作業というのがミソです。ここいらへんに、攻略の手掛かりがありそうです。

 もちろん私たちがアルゴリズムを具体的に特定することは出来ません。しかし、検索に「キーワード」が必要だろうということは予測できます。

ということは「キーワード」を工夫すればよいことになりますね。キーワードを山ほど書き込めばいいのじゃないか? 文中に同じキーワードを何度も繰り返し使えばいいのじゃないか?…と、思いめぐらすのですが、はたして効果があるのは?

SEO対策」のブログを読むと、必ず「キーワード」の重要性は説いていますが。もうひとつ「リンクを集めることが重要」と書いてあります。外部リンク(被リンク)を集めろと言ったってこれは他力本願ですから、被リンクを増やす方法なんて分かりませんよねえ。

もちろん、ユーザーが必要としている内容のブログかどうか、分かりやすい内容になっているかどうかなどブログの質を高めるのが重要なことは言うまでもありません。

-------------------------------------

まずは、ブログのテキストです。ユーザーにとって有益で分かりやすいテキストであったとして、それで十分でしょうか。残念ながらそうではないのです。人にも検索ロボット(google検索)にも分かりやすい内容であることが必要なのです。

「写真がべたべた貼ってあってテキストが少ないブログはSEOには向かない」と、よく言われます。google検索が画像を認識せず、文章で判断するからです。写真を多く使う場合は写真に
キャプションをつけるなど、文章でしっかり説明するほうがロボットに優しい文章ってことになります。


すぐできそうなのは、文中にキーワードを入れ込むことです

●まず「タイトルタグ」です。重要なキーワードを必ずタイトルの中に含めるようにします。タイトルはgoogle検索のタイトルに使われたりしますから、よく考えて記述しましょう。ほとんどのブログに「タイトル」の欄がありますのでそこに書くとタグが設定されます。

●本文にキーワードを多用して書くのは言うまでもありません。ただし意識しすぎて、変な文章にならないように注意しましょう。

●画像を挿入する場合は、説明を書き加えて画像がなくても分かる文章にしましょう。

●googleのアルゴリズムを欺くような記述はしないでください。たとえば、キーワードを意味もなく羅列したり、関係のないキーワードをなんでもかんでも書き込むなどの行為です。

●次に「metaタグ」に重要なキーワードを必ず含むことです。

初心者は「metaタグ」って何?と戸惑うかもしれません。metaタグは、検索ロボットに「このサイトの内容は…です」と教えるためのタグです。検索ロボット向けですので、ユーザーの目に触れることはありません。

metaタグ」はHTML文章の<head>~</head>の中に書き足します。

<meta name="description" content="ここにサイトの説明を記述" />
<meta name="keywords" content="ここにキーワードを記述" />

 書く手順はブログごとに違うので、お使いのブログで確認してください。

 注意したいのは「metaタグ」のキーワードの書き方です。キーワードを羅列する場合は「カンマ区切り」にします。間違うと検索ロボットに正しく認識されないので、注意してください。

 サイトの説明は長すぎないように、キーワードも羅列しすぎないように気をつけてください。明確な文字数は指定されていませんが、多すぎると検索ロボットに無視されるようです。


さて問題の「第三者からの評価」である「被リンク」です。被リンクはSEOにとって欠かせない要素です。

なぜならGoogleは被リンクの状況を見て、「人気のあるページにはたくさんリンクが集まる」「同じようなテーマのサイトからリンクされるサイトは信頼できる」といった評価を下します。

しかし、あくまで他人があなたのサイトを見てリンクしてくれるかどうか判断するのですから、ユーザーの評価の高い内容のサイトにするしかありません。「被リンクを増やします」という業者広告も見かけますが、試したことがないので効果のほどは分かりません。

アンカーテキスト」も効果があると言われています。自分から他人のサイトをリンクするテキストのことです。これならできますね。また自分の別サイトをリンクする「内部リンク」も少しは効果があるとされています。

各ブログには「リンク」とか「リンク集」というパーツがありますので、そこに書き込むといいでしょう。人気サイトのURLだけでなく「タイトル」をしっかり書き入れるようにします。

SEO対策の第一歩です。まだやっていない方はぜひ試してみてください。

閲覧ありがとうございました



コメント0件

コメントはまだありません